緊急事態宣言における対応(R3.5.12)

緊急事態宣言における対応にについて

日頃はモリヒサMAETAをご愛顧頂きありがとうございます。

さて、5月12日より愛知県に緊急事態宣言が発令されました。

MAETAの方針としては、緊急事態宣言の対象に小規模教室が含まれていないこと、学校への休校要請が行われていないことから「一斉休校」ではなく、十分な感染防止策を取ったうえでの「対面授業」「双方向オンライン授業」を希望に応じて選択できるようにします。

東進衛星予備校につきましては衛星事業本部の指示に従うものとします。

MAETAの感染症対策

なお、これまでと同様の対応を含みますが、次の①~⑥に該当する方は、
登校を控えていただくようにお願いします。
また、登校後は速やかにスタッフに申し出ていただきますようお願いいたします。

①児童生徒が感染者・濃厚接触者になった場合
②児童生徒と同居している家族が感染者・濃厚接触者になった場合
③児童生徒がPCR検査及び抗原検査を受けた場合
④児童生徒と同居している家族がPCR検査及び抗原検査を受けた場合
⑤児童生徒が発熱等の風邪症状がある場合
⑥児童生徒と同居している家族に発熱等の風邪症状がある場合
※⑥は緊急事態宣言に伴う特別な措置ですので、ご承知おきください。

受講生の皆様におかれましては、感染が心配な方、症状がある方はオンラインによる受講ができますので、当校に連絡されたうえでご利用ください。

≪次の記事 

≫前の記事 

このページの先頭へ