瀬戸市で塾を50年以上経営、小・中・高一貫教育のMAETA。新瀬戸校、品野校も。東進衛星予備校、アンイングリッシュクラブ、学童クラブ・モアスタディー・学童保育も併設。パソコン教室新瀬戸ドットコムも併設。オンライン

指導方針

瀬戸市の学習塾_小学生コース

部活を頑張っている子がみんな勉強できなくて成績が下がっているわけではありません。ちゃんと勉強と部活を両立させている子もいます。その違いは何なのでしょうか。部活を頑張っているからと言って、勉強をしなくてもよい理由にはなりません。部活を頑張りながら勉強も頑張っている子もいるからです。もしも両立できないというのなら部活をやめて勉強に集中する決断も必要です。

ただ「勉強を頑張る」と言っても、成績が上がらない原因を解決しないといけません。ただ机に向かって参考書を広げ、勉強している格好をするだけでは勉強の成果が上がるはずがありません。そこで私たちは考えました。

そもそも何のために勉強しているのかを理解していない子が多いのです。だから「やらされている」という意識が強くなり、反発する気持ちから「ムカつく# 意地でも勉強してやるものか。」となってしまうのです。

本人が見つけた目標のために勉強が必要だと気づく

まずは、本人の口から自分の将来について語らせてあげること。「お前、何言ってるんだ」と馬鹿にしないで、話を聞いてあげることが必要です。そのうえで、自分の考えを“情報”として伝えたらよいと思います。無理やり自分の考えを押し付けてはいけません。根拠となるいろいろな資料を見せたり、ほかの人の意見(インターネットの情報など)を聞かせたりするのがよいでしょう。最終的な判断は本人にしてもらい。決断したことに対する責任を与えることが大切です。(責任を果たせる、果たせないは置いておいて、責任を持たせることが重要)本人が見つけた目標のために勉強が必要だと分かれば、きっと自分から勉強するのではないでしょうか。

大切なのは「理解」してから「定着」させる勉強法

次に、皆がよくやる勉強法ですが、ひたすら問題を解くという方法で成績は上がっていくのでしょうか。これは解き方と、間違えた時にどうするかを理解している人の勉強法です。いきなり問題に詰まってしまう人には効果的ではありません。理解していない上に単調な作業が続くと、拒否反応が起きて眠くなってしまいます。これでは何時間やっても成果がありません。大切なのはきちんと「理解」をしてから「定着」をさせる勉強法です。
「理解」をおろそかにしている人が多いのではないでしょうか。何回もやっていれば覚えると思うかもしれませんが、きちんと理解せずに丸暗記してしまうと、記憶に残りにくく、すぐに忘れてしまいます。「公式」のような大切なものを忘れてしまうと、テストの時に問題に手を付けることができません。

理解ができたら次は「定着」です。これはたくさんの種類の問題よりも同じ問題を何回も反復して解くことが大切です。最終的には助言やヒントを借りずに、自分ひとりで解けるようにすることが大切です。
MAETA個別では演習ゼミと組み合わせた2wayという方法で、「理解」と「定着」を図ります。

MAETA個別(学習塾)で勉強するとこんなことが期待できます。

お客様の声をお聞きください。

とてもやりやすかった(瀬戸西合格)
社会が苦手で思ったように点数が取れず悩んでいましが、入試当日は20点中17点まで上がりました。得意の理科は安定して18点以上取れるようになりました。国語は苦手でしたが古典だけは安定して点数が稼げるようになりました。他の塾とは違いマイペースで勉強が進められるので、自分はとてもやりやすかったです。すごくわかりやすく教えてくれるので、苦手を克服できると思います。(Iくん)

勉強するのが楽しくなって
勉強の仕方がわからないので困っていましたが、塾で友達ができ、先生とも仲良くなり、勉強するのが楽しくなって少しずつ成績が上がって良かったです。佐藤先生が、わからないところを熱心にわかるまで教えて下さいました。面談の時には、長い時間をかけて相談にのってもらい、進路を決めるときに助言が役に立ったので とても感謝しています。勉強をする時にいつでも行けるもうひとつの自分の部屋(家)のように、高校生になった今も毎日のように通って勉強しています。学校の先生より、わからないところを、ゆっくり時間をかけてわかるまで教えてもらいたい人にお勧めしたい塾です。(Sくん保護者様)

MAETA個別は、脳科学を応用して最大限の能力を引き出す勉強法です。演習ゼミと組み合わせた2wayという方法で、「理解」と「定着」を図ります。この勉強法は資格や検定の勉強にも応用できますので、社会人になってからも役に立てることができます。
このシステムを試してみませんか?

▶中学生コースはこちら

▶小学生コースはこちら

このページの先頭へ